ヒザ神のほのぼのナンパブログ

マイペースでゆったりしたナンパがいい

札幌から卒業旅行で来たよ 〜後編〜

 

 

 

 

AM4:30を過ぎる…

 

 

 

箱はもうすぐピークを迎える。

 

 

 

f:id:hizashin:20170310222331j:plain

 

 

平日でもすごい人混みだ。

 

 

もうすでに体に違和感を感じる。疲労がハンパない…

 

 

すぐにでも連れ出して外に出たい。

 

 

とりあえずダンスフロアで少し踊って、横の案件

 

 

 

踊りながらオープナーを使う。

 

 

 

※(満面の笑みで踊っている案件の真似をする)

 

 

 

 

 

 

 

…認識して少し笑みを浮かべる案件。ここで初めて声をかける。

 

 

 

  

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170310233637j:plain

  

 

>>>ヒザ子 ヒザ値6 峯岸みなみに似てる 色白 清楚で可愛い よく喋る

 

 

ヒザ神「踊り過ぎるとめっちゃ疲れへん?」

 

 

 

ヒザ子「疲れる〜てかお兄さん、テキーラタイムってないん?」

 

 

 

ヒザ神「え?ようわからへんけど、ほら!今ちゃう?」

 

 

 

ヒザ子「本当や!テキーラ飲みたいテキーラ!!」

 

 

 

テンションが上がるヒザ子。だがテキーラタイムは終了する。

 

 

 

ヒザ子「テキーラタイム終わり?何で?」

 

 

 

ヒザ神「見せびらかしただけちゃう?」

 

 

 

適当に言うヒザ神。

 

 

 

ヒザ子「えー!!テキーラ飲みたいよ〜」

 

 

 

うるさいヒザ子。少しタイプやし、しょうがないので1杯奢ることに。

 

 

手を繋ぎながらバーカンに移動してカミカゼを2杯注文する。

 

 

 

ヒザ子「わー!!ありがとう!!何?このお酒?」 

 

 

 

ヒザ神「カミカゼっていうお酒だよ。おいしいから飲んでみ。」 

 

 

 

ヒザ子「・・・おいしい!でもちょっと強いね、このお酒。」

 

 

 

ヒザ子はすぐにカミカゼを飲み干す。そしてバーカン前で少し和む。

 

どうやら札幌から卒業旅行で初めて大阪に来たみたいだ。札幌も大阪ぐらいクラブが盛り上がっているらしい。

 

またいつか札幌も行ってみたいと思う。

 

 

 

ヒザ神「今日は何人で来たん?」

 

 

 

ヒザ子「2人で来たよ!多分ダンスフロアにいると思う。」

 

 

 

ヒザ神「そっか。とりあえず、ダンスフロアに戻ろっか。」

 

 

 

ヒザ子「うん!」

 

 

 

ろくに飲めないカミカゼを持ってヒザ子とダンスホールに戻る。

 

自然にヒザ子から手を握ってくれる。この時すでにIOIを感じ取った。

 

 

ヒザ子「あ!いた!」

 

 

 指をさすヒザ子。指した方を見ると野生と一緒に居る友達子がいる。

 

 

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170311003331j:plain

 

 

 >>>友達子 ヒザ値5 上野樹里に似てる ボーイッシュな感じ

 

 

友達子は野生と抱き合っている。もう仕上がっている感じだ…

 

 

2人の所に行く。そしてヒザ神は自分が持っているカミカゼを友達子に飲ます。

 

 

友達子「おいし〜い!」と笑顔で言う。

 

 

そのままヒザ子にも飲ます。

 

 

ヒザ子「おいし〜い!」と笑顔で言う。

 

 

これを飲みきるまで繰り返す。

 

カミカゼを飲みきった後、ヒザ子と向かい合って一緒に踊る。少し踊った後、

 

ここで顔を近づけて、グダ覚悟でキス→DKをしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グダらない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…仕上がった!!!

ψ(`∇´)ψ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒザ子「疲れた〜」

 

 

ヒザ神「疲れたな〜少し外出よっか!」

 

 

ヒザ子「出たい!」

 

 

ここで野生にも言う。

 

 

連れ出し成功!!

 

 

ヒザ子と友達子は同じロッカーから荷物を取り出す。

 

 

ヒザ子「仲良くして!仲良くしてよ!!」

 

 

突然、ヒザ神と野生に言い出す。この時は何を言ってるのかわけがわからなかった。

 

 

ヒザ神「わかった!仲良くするよ!」と適当に流す。

 

 

ヒザ子「仲良くしてよ!お願い!」

 

 

少し千鳥足で言うヒザ子。かなり酔ってたんだと思う。

 

 

コンビニに寄って、アイスとスミノフを買う。

 

 

そして野生と友達子についていく。

 

 

野生は自分の車のところへ向かっているそうだ。

 

 

 

ヒザ神「あの2人いい感じやから、空気読んで2人にさせてあげよう!」

 

 

ヒザ子「そだね!」

 

 

とりあえず戻った道に引き返すことにした…

 

 

 

路上セパ完了!!

 

 

 

ヒザ神「アイス溶けちゃうから早くタクシー乗ろ!」

 

 

タクシーに乗りテルホに向かう。すると虎ちゃんから着信が来る。

 

 

すまない、虎ちゃん…もう俺は爺痛にはいない。

 

 

ヒザ神はニヤニヤしながら、虎ちゃんにLINEで…

 

 

 

「連れ出し」と送る。

 

 

 

 すると、ヒザ子がタクシー内で喋り出す。

 

 

ヒザ子「大阪って何が有名やったけ?」

 

 

ヒザ神「たこ焼きとか…」

 

 

ヒザ子「あ!たこ焼き!まだ食べてない〜!!紅しょうが食べたよ!紅しょうが!!あれめっちゃおいしいよね!!」

 

 

めっちゃうるさいヒザ子。とりあえず、頷いとく…

 

 

テルホ街に着く。タクシー代を払うと…

 

 

ヒザ子「え!めっちゃ太っ腹やん!!大阪の人、ケチなイメージがあるけど。そんなことないんやね!」 

 

 

 ヒザ神「そ、そんな大阪の人はケチじゃないで!ケチなんは大阪のオバハンや!!」

 

 

ヒザ子の言葉がグサリと来る。そのまま…

 

 

 

 

 

 

 

 

テルーホイン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ε-(´∀`; )。oO(長かった…)

 

 

 

 

 

 

ヒザ子がまたテンションが上がってめっちゃ喋り出す。

 

 

 

ヒザ子「え!かなり広くない?ベッド綺麗!うわあ!お風呂もすごい!見て見て!

 

 

 

 ヒザ神「わかったわかった。とりあえずアイス食べよ。」

 

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170311222009j:plain

 

 

 

ヒザ子「このアイスめっちゃ好き!!」

 

 

 

ヒザ神「俺も好き!でもヒザ子の方がもっと好き!」

 

 

 

ヒザ子「え!恥ずかしいわ!そんなん言わんといて♡」

 

 

 

 

照れるヒザ子。ベッドに移動して、キス→DK ノーグダ。

 

 

そして服を脱がそうとすると…

 

 

 

ヒザ子「ごめん。今日、リーセやねん…」

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・・・・ 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…ウソーーん!!!(´Д` )

 

 

 

 

 

 

 

 

 リ、リーセグダ…

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや!!女の子の言うことはなるべく信じないようにしている。

 

 

 

 

 

ヒザ神「絶対、嘘やん!じゃあ、ボディチェックしまーす!!」

 

 

 

 ヒザ子「ほ…本当やって…あ!♡ダメ!!!!!!気持ちいい!!♡

入れたくなっちゃうからダメーーーー!!」

 

 

 

脱がして手◯ンする。中はビチョビチョに濡れてる。

 

 

 

指を確認する。OKとわかったので…

 

 

 

 

 

ヒザチンイン!!!

((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

 

 

 

ヒザ子「ああ!!気持ちいいーーーーーーー♡!!!逝く!!!逝っちゃううううううう!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

即!!

 

 

 

 

 

 

相性良くて3回戦までしました♡

 

 

 

 

 

疲れ果てて、少し寝る…

 

 

 

 

目が覚めて気がつくとベッドは戦場になってました。

 

 

 

 

ごめん。本当にリーセやったんやね…(;´Д`A

 

  

 

 

一緒にお風呂に入ることに。

 

 

 

 

湯船に浸かると、長い髪を洗うヒザ子に魅了してしまう。

 

 

 

斜め後ろから見るヒザ子の姿はとても美しかった。

 

 

 

 

2人とも洗い終わった後、一緒に湯船に浸かる。

 

 

するとヒザ子が湯船の中で歯磨きを始める。

 

 

 

 

ヒザ神「え?いつも湯船の中で歯磨きするの!?」

 

 

 

ヒザ子「札幌では普通だよ!」

 

 

 

ヒザ神「へぇ〜」

 

 

 

初耳だ…大阪ではあまり聞かない。

 

 

ベッドに戻って、携帯を見るヒザ子。すると…

 

 

 

ヒザ子「友達子からLINE来てる…ホテルから追い出されたって…」

 

 

ヒザ神「え!?意味わからん。」

 

 

ヒザ子「仕事やからって、追い出されて1人みたい。どうしよう…」

 

 

 

 

 

信じられへん…なんでもっと相手の事考えてやらないんだろう。

 

 

 

やるだけやって、自分だけ満足したらそれでええんか?

 

 

 

あの野生には本当に憤りを感じた。

 

 

 

 

 

 

ヒザ神「友達子今、どこおるん?」

 

 

ヒザ子「カフェにいるみたい。ネカフェってこの辺にある?」

 

 

ヒザ神「あるよ!ポ◯イって調べたらこの辺結構あるから。」

 

 

 

ヒザ子「本当だ!友達子、ネカフェに行かせるね!」

 

 

 

ヒザ神「あの男がこんなことするとは思わなかった…」

 

 

 

ヒザ子「だから仲良くしてって言ったじゃん!!」

 

 

 

ヒザ神「ごめんな…」

 

 

 

ヒザ子と友達子には申し訳ない気持ちでいっぱいだ…

 

 

 

ヒザ神「友達子のいるネカフェに行こう。」

 

 

 

友達子のネカフェの近くまでヒザ子を送る。

 

 

 

ヒザ子「この辺で大丈夫やで!もうわかるし。」

 

 

 

ヒザ神「そっか…じゃあ、気をつけてね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒザ子「ありがとう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔でヒザ子は言ってくれた…この時に俺は思う…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出会えて良かった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AM11:00

 

 

 

ヒザ子とバイバイした後、虎ちゃんと再合流する。

 

 

 

どうやら虎ちゃんも即ったみたいだ。

 

 

 

顔がもう死んでる…せっかくのイケメンが台無しやぞ。笑

 

 

 

無理もない…最初の仔鹿箱から12時間は経ってる。

 

 

 

少しMを歩いてファーストフード店で勝利飯を食べる。

 

 

 

なんか、坊主飯より美味しい気がする。

 

 

 

疲労眠気がヤバい2人は少し話して、改札に向かう。

 

 

 

お互いしゃべる気力もない…

 

 

 

すると虎ちゃんが帰り際…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虎ちゃん「今なら、浮ける気がする…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…面白すぎるやろww

 

 

 

 

札幌から卒業旅行に来たよ

 

〜完〜