読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒザ神のほのぼのナンパブログ

マイペースでゆったりしたナンパがいい

麒麟で出会った案件 〜後編〜

 

 

 

深夜3時過ぎ…

 

 

 

会計を済まして、店を出る。

 

 

 

ヒザ神「ご迷惑をおかけして、本当にすいません。」

 

 

 

 そう言って、ここでブス子と野生の3人とは別れ、自然に2人になる。

 

 

 

ヒザ神「ここから歩いて何分ぐらいで家着く?」

 

 

 

ヒザ子「30分ぐらいかな。」

 

 

 

自転車を押しながら歩くヒザ子を家まで送る。

ヒザ神は泥酔で少し千鳥足で歩く。

 

  

 

f:id:hizashin:20170216211525j:plain

 

深夜の街並みは人も通らないし、車も通らない。静かだ…

 

 

 

この2人でいる空間が居心地が良かった。そして泥酔しながらこんなことを言った。

 

 

 

ヒザ神「なんで俺の分払ってくれたん?ATMに行ってまで…」

 

 

 

ヒザ子「困ってたら助けてあげたいと思うから…」

 

 

 

ヒザ神「・・・・・・。」

 

 

 

なんだかちょっと泣きそうになった。

 

 

 

ヒザ子「え!なんで泣いてるん!?」

 

 

 

ヒザ神「泣いてないわ!…でもありがとう。嬉しかった…」

 

 

 

そしてここでいつものルーティーンをする。

 

 

 

頭なでなで→ほっぺたを軽くつねる→おっぱい触る。

 

 

 

ヒザ子「コラ♡」

 

 

 

 

と嬉しそうに言うヒザ子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、ヒザ子を絶対抱くぞ!!!(//∇//)

 

 

 

また勃起するヒザチン。

 

 

 

 

ヒザ神「始発まで野宿するわ〜」

 

 

 

ヒザ子「あかんよ!風邪ひくやん。」

 

 

 

ヒザ神「いろんな人に迷惑かけたもん。野宿して反省する!」

 

 

 

ヒザ子「寒いから、風邪ひくて!」

 

 

 

ヒザ神「じゃあ、家入ってもいい?」

 

 

 

ヒザ子「家はあかん。汚いから…」

 

 

 

 

 

…はい、きた!

 

 

 

 

 家が汚いグダ!!!

 

 

 

前のアポの時も、ヨネスケ打診したらこのグダが出た。結果は負けました…

 

 

 

 

でも、今回は負けへん!!

 

 

 

 

 

ヒザ子「ネカフェあるで!」

 

 

 

ヒザ神「お金ない…」

 

 

 

ヒザ子「ごめん…そやったね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ヒザ子の家に着く。

 

 

 

 

 

 

ヒザ子「ネカフェ代、私が出…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170217230503j:plain

 

ヒザ神「ヤバい!!!漏れそう…トイレだけ貸して!!」

 

 

 

 

 

 

ヒザ子「え!?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170217230503j:plain 

 

ヒザ神「ヤバい!ヤバい!トイレだけほんまに貸して!!お願い!」

 

 

 

 

 

ヒザ子「ほんまにトイレだけやからね!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

ヒザ子の家イン!!

 

 

 

 

 

 

トイレを済ます…

 

 

 

ヒザ神「全然汚くないやん!」

 

 

 

ヒザ子「え、汚いよ〜」

 

 

 

 すぐにベットに飛び込むヒザ神。

 

 

 

ヒザ子「トイレだけって言ったやん〜」

 

 

 

ヒザ神「一緒に添い寝しよ?」

 

 

 

ヒザ子「え〜」

 

 

 

そう言いながら、一緒に添い寝してくれる優しいヒザ子。

 

 

 

ヒザ神「ヒザ子に出会えて良かった…」

 

 

 

ヒザ子「私もヒザ神くんに出会えて良かったよ。」

 

 

 

ヒザ神「ほんまに?あんだけ迷惑かけたのに?」

 

 

 

ヒザ子「関係ないよ!一緒にいて楽しかったもん。」

 

 

 

たまらなくなって、抱きしめた。

 

 

 

キス→DK→パイ揉み…

 

 

 

ヒザ子「ダメ♡」

 

 

 

形式グダだとすぐにわかった。時間をかけてキスをしながら服を脱がす。

 

 

 

そして、パンツも脱がし全裸にして手◯ンする。

 

 

 

ヒザ子「あ…ああん♡あんあん…♡」

 

 

 

声を出すヒザ子、興奮しながらヒザ神も全裸になる。

 

 

 

ヒザ神「挿れるよ…アレ?」

 

 

 

 

それは突然のことだった…

 

 

 

 

 

 

おい、嘘だろ…ヒザチン…

 

 

 

 

 

 

ヒザチンがフニャフニャになってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでだよ… 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170217233322j:plain

 

なんで現場でチ◯ポ が勃たないんだ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…くそ!!外ではあんだけ勃っていたのに…これじゃ挿入できない。

 

 

 

 

 

 

仕方がない

 

 

 

 

 

 

 

 このルーティーンを使うしかあるまい。

 

 

 

 

 

 

ヒザ神「手貸して。」

 

 

 

 

 

 

 

ヒザ子「?」

 

 

 

 

 

 

 

ヒザ子の手をヒザ神の乳首に持っていく…

 

 

 

 

 

 

 

ヒザ神「乳首弄って♡」

 

 

 

 

 

 

 

いくぜ!乳首弄り合いルーティーン!!

 

 

 

 

 

 

 

コリコリコリコリコリコリコリコリ!!!!!!!

 

 

 

 

 

お互いの乳首を高速でコリコリしあう。

 

 

 

 

 

ヒザ神「うりゃあああああああああああああああ!!!!あああん♡」

 

 

 

 ヒザ子「あああん!!あああああああん♡きもちいいいいいい♡」

 

 

 

 

ヒザチン復活!!そのまま挿入!!!!

 

 

 

 

ヒザ神「うおりゃあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

 

 

 

 

ヒザ子「ひゃあああああああああああああああああん♡!!!!!!!!もっと奥まで挿れてえええええええええええええ♡♡!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨネスケ即!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時、ヒザ神は思った…麒麟の時に最後に声をかけて本当に良かった。

まさか今日即れるとは思ってなかった。

 

 

 

 

終電で帰らなくて良かった。

 

 

 

 

ナンパしてもっといろんな人と出会いたい…そう思いながら、ヒザ子の家から仕事に向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして仕事後…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ風邪引いた!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、高熱で死にかける…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終電で帰れば良かった…( ;´Д`)

 

 

 

 

 

 

麒麟で出会った案件

 

〜完〜