読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒザ神のほのぼのナンパブログ

マイペースでゆったりしたナンパがいい

jojoとの遭遇 〜バーナンにて〜    

  

 

4月某日…

 

 

 

 

 

久しぶりのアポに少し気合を入れた。

 

 

  

 

 

なぜなら…

 

 

 

 

 

 

初めてのjojo案件だからだ!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

 

 

 

 

期待にヒザチンを勃たせ…

 

 

 

 

PM7:00  Uで集合…

 

 

 

 

「お待たせしました〜」

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170407225938j:plain

 

 

>>>ヒザ子 ヒザ値5 アッキーナ似 人見知り jojo案件

 

 

「偉いな〜遅れず来るなんて!」

 

 

「え!当たり前じゃないですか。」

 

 

Uから2時間もかけて会いに来てくれた。

なんていい子なんだ…と思った。

 

 

 

居酒屋IN

 

 

 

「何飲む〜?」

 

 

「カシオレで^^」

 

 

 

2人ともカシオレで乾杯する…

 

 

 

「昨日はあの後どうしたん?」

 

 

「終電間に合わなかったので3人でカラオケオールしました。」

 

 

「マジかww」

 

 

 

ヒザ子は、アポ前日にバーナンした案件。

最近バーナンが楽しいと思うこのごろ…

 

 

 

「ヒザ神さんはあの後どうしたんですか?」

 

 

「ん?あの後終電で帰ったよ。」

 

 

「そうなんですね!」

 

 

「そうそう!(´-`).。oO(クラブでDKしてたなんて言えないよ〜)」

 

 

 

カシオレ飲みながらヒザ子の顔をじっと見る。すると…

 

 

 

「あんま見ないでください!恥ずかしい…」と顔を隠す。

 

 

「いやいや💦どんだけ恥ずかしがり屋やねん!」

 

 

「人見知りなんです…あんま人と目合わせられなくて…」

 

 

「じゃあ俺と10秒間だけ目合わせる練習しよ!」

 

 

「いや長すぎます〜ムリです…」

 

 

 

とりあえず見つめてみる…すぐに顔を隠すヒザ子。  

 

 

 

 

…可愛い!!いじめたくなっちゃうよ!\(//∇//)\

 

 

 

 

少しの間、話しながら…見つめる→顔隠す→見つめる→顔隠すを続ける。

 

 

しばらくしてトイレに行く。

 

 

席に戻って、予定通りヒザ子の隣に座る。

 

 

 

「手綺麗」と言って手を触る→「髪の毛サラサラやね」と言って頭なでなで→

 

「ほっぺた柔らかそう〜」と言ってほっぺた軽くつねってからの…

 

 

 

キス→DK  ノーグダ!!!

 

 

 

 

あ!!言い忘れてました…

 

 

 

 

個室ですよ!!(当たり前やけど…)

 

 

 

 

顔を赤くするヒザ子…ヒザチンがかなり勃起してた…

てかズボンまで汁ついてたww

 

 

 

そんなこんなでテルーホイン!!

 

 

 

脱がす脱がす〜そして…

 

 

 

渾身の手◯ン!!!!

 

 

 

 

・・・ぎょええええ!!穴ちっさい!!!(~_~;)

 

 

 

 

 

こ…これがjojoか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上等だ!!!やってやるよ!!( ゚д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たっぷり時間をかけて小指一本から指◯ンする…(余談ですが宿泊しました笑)

 

 

 

全然声を出さないヒザ子…もはやヒザチンはフニャチンである…

 

 

 

頑張って2本まで入ったところで、ローションを使う。

 

 

 

そして、乳首弄ってもらってヒザチンイン!!

 

 

 

いつもより、す…滑りが悪い。

 

 

 

やばいぞこれ…いけるのか?いや…

 

 

 

 

 

 

 

イクんだ!!!!!( ;´Д`)

 

 

 

 

 

 

ひたすら乳首弄ってもらいなんとか即…

 

 

 

 

本当いい経験になったと思う…初jojo即。

 

 

 

 

このアポで改めて思うことがある…

 

 

 

 

 

やっぱりヤ◯マンがいい!!!ε-(´∀`; )

 

 

 

 

札幌から卒業旅行で来たよ 〜後編〜

 

 

 

 

AM4:30を過ぎる…

 

 

 

箱はもうすぐピークを迎える。

 

 

 

f:id:hizashin:20170310222331j:plain

 

 

平日でもすごい人混みだ。

 

 

もうすでに体に違和感を感じる。疲労がハンパない…

 

 

すぐにでも連れ出して外に出たい。

 

 

とりあえずダンスフロアで少し踊って、横の案件

 

 

 

踊りながらオープナーを使う。

 

 

 

※(満面の笑みで踊っている案件の真似をする)

 

 

 

 

 

 

 

…認識して少し笑みを浮かべる案件。ここで初めて声をかける。

 

 

 

  

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170310233637j:plain

  

 

>>>ヒザ子 ヒザ値6 峯岸みなみに似てる 色白 清楚で可愛い よく喋る

 

 

ヒザ神「踊り過ぎるとめっちゃ疲れへん?」

 

 

 

ヒザ子「疲れる〜てかお兄さん、テキーラタイムってないん?」

 

 

 

ヒザ神「え?ようわからへんけど、ほら!今ちゃう?」

 

 

 

ヒザ子「本当や!テキーラ飲みたいテキーラ!!」

 

 

 

テンションが上がるヒザ子。だがテキーラタイムは終了する。

 

 

 

ヒザ子「テキーラタイム終わり?何で?」

 

 

 

ヒザ神「見せびらかしただけちゃう?」

 

 

 

適当に言うヒザ神。

 

 

 

ヒザ子「えー!!テキーラ飲みたいよ〜」

 

 

 

うるさいヒザ子。少しタイプやし、しょうがないので1杯奢ることに。

 

 

手を繋ぎながらバーカンに移動してカミカゼを2杯注文する。

 

 

 

ヒザ子「わー!!ありがとう!!何?このお酒?」 

 

 

 

ヒザ神「カミカゼっていうお酒だよ。おいしいから飲んでみ。」 

 

 

 

ヒザ子「・・・おいしい!でもちょっと強いね、このお酒。」

 

 

 

ヒザ子はすぐにカミカゼを飲み干す。そしてバーカン前で少し和む。

 

どうやら札幌から卒業旅行で初めて大阪に来たみたいだ。札幌も大阪ぐらいクラブが盛り上がっているらしい。

 

またいつか札幌も行ってみたいと思う。

 

 

 

ヒザ神「今日は何人で来たん?」

 

 

 

ヒザ子「2人で来たよ!多分ダンスフロアにいると思う。」

 

 

 

ヒザ神「そっか。とりあえず、ダンスフロアに戻ろっか。」

 

 

 

ヒザ子「うん!」

 

 

 

ろくに飲めないカミカゼを持ってヒザ子とダンスホールに戻る。

 

自然にヒザ子から手を握ってくれる。この時すでにIOIを感じ取った。

 

 

ヒザ子「あ!いた!」

 

 

 指をさすヒザ子。指した方を見ると野生と一緒に居る友達子がいる。

 

 

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170311003331j:plain

 

 

 >>>友達子 ヒザ値5 上野樹里に似てる ボーイッシュな感じ

 

 

友達子は野生と抱き合っている。もう仕上がっている感じだ…

 

 

2人の所に行く。そしてヒザ神は自分が持っているカミカゼを友達子に飲ます。

 

 

友達子「おいし〜い!」と笑顔で言う。

 

 

そのままヒザ子にも飲ます。

 

 

ヒザ子「おいし〜い!」と笑顔で言う。

 

 

これを飲みきるまで繰り返す。

 

カミカゼを飲みきった後、ヒザ子と向かい合って一緒に踊る。少し踊った後、

 

ここで顔を近づけて、グダ覚悟でキス→DKをしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グダらない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…仕上がった!!!

ψ(`∇´)ψ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒザ子「疲れた〜」

 

 

ヒザ神「疲れたな〜少し外出よっか!」

 

 

ヒザ子「出たい!」

 

 

ここで野生にも言う。

 

 

連れ出し成功!!

 

 

ヒザ子と友達子は同じロッカーから荷物を取り出す。

 

 

ヒザ子「仲良くして!仲良くしてよ!!」

 

 

突然、ヒザ神と野生に言い出す。この時は何を言ってるのかわけがわからなかった。

 

 

ヒザ神「わかった!仲良くするよ!」と適当に流す。

 

 

ヒザ子「仲良くしてよ!お願い!」

 

 

少し千鳥足で言うヒザ子。かなり酔ってたんだと思う。

 

 

コンビニに寄って、アイスとスミノフを買う。

 

 

そして野生と友達子についていく。

 

 

野生は自分の車のところへ向かっているそうだ。

 

 

 

ヒザ神「あの2人いい感じやから、空気読んで2人にさせてあげよう!」

 

 

ヒザ子「そだね!」

 

 

とりあえず戻った道に引き返すことにした…

 

 

 

路上セパ完了!!

 

 

 

ヒザ神「アイス溶けちゃうから早くタクシー乗ろ!」

 

 

タクシーに乗りテルホに向かう。すると虎ちゃんから着信が来る。

 

 

すまない、虎ちゃん…もう俺は爺痛にはいない。

 

 

ヒザ神はニヤニヤしながら、虎ちゃんにLINEで…

 

 

 

「連れ出し」と送る。

 

 

 

 すると、ヒザ子がタクシー内で喋り出す。

 

 

ヒザ子「大阪って何が有名やったけ?」

 

 

ヒザ神「たこ焼きとか…」

 

 

ヒザ子「あ!たこ焼き!まだ食べてない〜!!紅しょうが食べたよ!紅しょうが!!あれめっちゃおいしいよね!!」

 

 

めっちゃうるさいヒザ子。とりあえず、頷いとく…

 

 

テルホ街に着く。タクシー代を払うと…

 

 

ヒザ子「え!めっちゃ太っ腹やん!!大阪の人、ケチなイメージがあるけど。そんなことないんやね!」 

 

 

 ヒザ神「そ、そんな大阪の人はケチじゃないで!ケチなんは大阪のオバハンや!!」

 

 

ヒザ子の言葉がグサリと来る。そのまま…

 

 

 

 

 

 

 

 

テルーホイン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ε-(´∀`; )。oO(長かった…)

 

 

 

 

 

 

ヒザ子がまたテンションが上がってめっちゃ喋り出す。

 

 

 

ヒザ子「え!かなり広くない?ベッド綺麗!うわあ!お風呂もすごい!見て見て!

 

 

 

 ヒザ神「わかったわかった。とりあえずアイス食べよ。」

 

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170311222009j:plain

 

 

 

ヒザ子「このアイスめっちゃ好き!!」

 

 

 

ヒザ神「俺も好き!でもヒザ子の方がもっと好き!」

 

 

 

ヒザ子「え!恥ずかしいわ!そんなん言わんといて♡」

 

 

 

 

照れるヒザ子。ベッドに移動して、キス→DK ノーグダ。

 

 

そして服を脱がそうとすると…

 

 

 

ヒザ子「ごめん。今日、リーセやねん…」

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・・・・ 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…ウソーーん!!!(´Д` )

 

 

 

 

 

 

 

 

 リ、リーセグダ…

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや!!女の子の言うことはなるべく信じないようにしている。

 

 

 

 

 

ヒザ神「絶対、嘘やん!じゃあ、ボディチェックしまーす!!」

 

 

 

 ヒザ子「ほ…本当やって…あ!♡ダメ!!!!!!気持ちいい!!♡

入れたくなっちゃうからダメーーーー!!」

 

 

 

脱がして手◯ンする。中はビチョビチョに濡れてる。

 

 

 

指を確認する。OKとわかったので…

 

 

 

 

 

ヒザチンイン!!!

((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

 

 

 

ヒザ子「ああ!!気持ちいいーーーーーーー♡!!!逝く!!!逝っちゃううううううう!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

即!!

 

 

 

 

 

 

相性良くて3回戦までしました♡

 

 

 

 

 

疲れ果てて、少し寝る…

 

 

 

 

目が覚めて気がつくとベッドは戦場になってました。

 

 

 

 

ごめん。本当にリーセやったんやね…(;´Д`A

 

  

 

 

一緒にお風呂に入ることに。

 

 

 

 

湯船に浸かると、長い髪を洗うヒザ子に魅了してしまう。

 

 

 

斜め後ろから見るヒザ子の姿はとても美しかった。

 

 

 

 

2人とも洗い終わった後、一緒に湯船に浸かる。

 

 

するとヒザ子が湯船の中で歯磨きを始める。

 

 

 

 

ヒザ神「え?いつも湯船の中で歯磨きするの!?」

 

 

 

ヒザ子「札幌では普通だよ!」

 

 

 

ヒザ神「へぇ〜」

 

 

 

初耳だ…大阪ではあまり聞かない。

 

 

ベッドに戻って、携帯を見るヒザ子。すると…

 

 

 

ヒザ子「友達子からLINE来てる…ホテルから追い出されたって…」

 

 

ヒザ神「え!?意味わからん。」

 

 

ヒザ子「仕事やからって、追い出されて1人みたい。どうしよう…」

 

 

 

 

 

信じられへん…なんでもっと相手の事考えてやらないんだろう。

 

 

 

やるだけやって、自分だけ満足したらそれでええんか?

 

 

 

あの野生には本当に憤りを感じた。

 

 

 

 

 

 

ヒザ神「友達子今、どこおるん?」

 

 

ヒザ子「カフェにいるみたい。ネカフェってこの辺にある?」

 

 

ヒザ神「あるよ!ポ◯イって調べたらこの辺結構あるから。」

 

 

 

ヒザ子「本当だ!友達子、ネカフェに行かせるね!」

 

 

 

ヒザ神「あの男がこんなことするとは思わなかった…」

 

 

 

ヒザ子「だから仲良くしてって言ったじゃん!!」

 

 

 

ヒザ神「ごめんな…」

 

 

 

ヒザ子と友達子には申し訳ない気持ちでいっぱいだ…

 

 

 

ヒザ神「友達子のいるネカフェに行こう。」

 

 

 

友達子のネカフェの近くまでヒザ子を送る。

 

 

 

ヒザ子「この辺で大丈夫やで!もうわかるし。」

 

 

 

ヒザ神「そっか…じゃあ、気をつけてね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒザ子「ありがとう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔でヒザ子は言ってくれた…この時に俺は思う…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出会えて良かった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AM11:00

 

 

 

ヒザ子とバイバイした後、虎ちゃんと再合流する。

 

 

 

どうやら虎ちゃんも即ったみたいだ。

 

 

 

顔がもう死んでる…せっかくのイケメンが台無しやぞ。笑

 

 

 

無理もない…最初の仔鹿箱から12時間は経ってる。

 

 

 

少しMを歩いてファーストフード店で勝利飯を食べる。

 

 

 

なんか、坊主飯より美味しい気がする。

 

 

 

疲労眠気がヤバい2人は少し話して、改札に向かう。

 

 

 

お互いしゃべる気力もない…

 

 

 

すると虎ちゃんが帰り際…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虎ちゃん「今なら、浮ける気がする…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…面白すぎるやろww

 

 

 

 

札幌から卒業旅行に来たよ

 

〜完〜

 

  

札幌から卒業旅行で来たよ 〜前編〜

 

 

 

f:id:hizashin:20170309015839j:plain

 

 

 

 

この日はUでソロストをしていた…

 

 

 

最近はストを強化しようとしている。

 

 

 

周りのナンパ師もスト師が多いし、クラナンはやはり完全にオールになるので疲れと体力がやばい( ;´Д`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…とか言っときながら今回のブログもクラナン中心なんですけどね。笑

 

 

 

 

 

ダナハさんのキャス聞きながらストする。

 

 

 

 

キャスが面白すぎる。ダナハさん最高やわ。

 

 

 

 

 

 

…はい、地蔵です。

 

 

 

 

 

 

(´-`).。oO(やっぱまだストは合流しないと無理やわ…)

 

 

 

 

ストやめて、仔鹿イン。

 

 

 

今年はまだ即をしていない。もう3月やて…前まで麒麟の案件にオンリーワン中毒に少し陥っていた(※麒麟で出会った案件、参照)

 

 

 

この日もやはり男祭り、8:2ぐらいかな。

 

 

 

いろんな野生と絡む。そんなこんなで虎ちゃんきちきちさんと合流。

 

 

 

1時ぐらいには結構、人が多くなった。ここでヒザ神は仲良くなった野生達と

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170309010653j:plain

 

 

 

 

光る棒を持って、爆踊りをする。

 

 

 

 

 

やはり箱に入るのであればナンパだけではなく、野生と仲良く話したり、踊ったりして

 箱を楽しみたいとヒザ神は思う。

 

 

 

 

 

爆踊りをしていたら、野生達と一緒に踊っていた案件から目ブームが来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170307232450j:plain

 

 

 

>>>マナカナ子 ヒザ値6 マナカナに似てる。 清楚で可愛い

 

 

 

少しだけ和む。マナカナ子は横で一緒に踊っている男友達と一緒に来たようだ。

 

 

 

ヒザ神「マナカナに似てるってよく言われへん?」

 

 

 

マナカナ子「よく言われる!自分ではあんまり思わへん。」

 

 

 

ヒザ神「俺はよくSMAPの草彅に似てるって言われんねんけどどう?」

 

 

 

マナカナ子「全然、似てない。」

 

 

 

まさか一瞬で返ってくるとは…10人に聞いたら8人には似てるって言われるのに…

 

 

 

草彅ルーティーンはあまり使えない。もう少し頑張って和む。そして…

 

 

 

 

頭なでなでルーティーン発動!

 

 

 

 

…嫌がられる、固い。諦めて放流。LGすら出来んかった…可愛かったのに。

 

 

 

 

虎ちゃんきちきちさんと一緒に貝殻へ。

 

 

 

 

貝殻は本当に苦手。必ずメンチ切られる。(; ̄ェ ̄)

 

 

 

 

オープン全然しないし、まさかのここで仔鹿での爆踊りの疲労が一気に来た。

 

 

 

 

ソロで最終ステージ爺痛へ…

 

 

 

 

ヒザ神が一番得意な箱である。テンションが一気に上がる。

 

 

 

 

とりあえずレッドブルカシスを飲みながら箱の雰囲気を楽しむ。

 

 

 

 

すると突然お腹が痛くなってトイレイン。

 

 

 

 

ここでテンションが下がる。さらに疲労もピークに…

 

 

 

 

この時、また坊主を予感させていた。

 

 

 

 

ヤバい…箱12連敗中やのに。

 

 

 

 

また坊主飯食べるのは嫌だ…13連敗になるのは嫌だよ…

 

 

 

 

焦るヒザ神。どうする!!!!

 

 

 

 

後編へ続く。

 

 

 

 

 

 

 

麒麟で出会った案件 〜後編〜

 

 

 

深夜3時過ぎ…

 

 

 

会計を済まして、店を出る。

 

 

 

ヒザ神「ご迷惑をおかけして、本当にすいません。」

 

 

 

 そう言って、ここでブス子と野生の3人とは別れ、自然に2人になる。

 

 

 

ヒザ神「ここから歩いて何分ぐらいで家着く?」

 

 

 

ヒザ子「30分ぐらいかな。」

 

 

 

自転車を押しながら歩くヒザ子を家まで送る。

ヒザ神は泥酔で少し千鳥足で歩く。

 

  

 

f:id:hizashin:20170216211525j:plain

 

深夜の街並みは人も通らないし、車も通らない。静かだ…

 

 

 

この2人でいる空間が居心地が良かった。そして泥酔しながらこんなことを言った。

 

 

 

ヒザ神「なんで俺の分払ってくれたん?ATMに行ってまで…」

 

 

 

ヒザ子「困ってたら助けてあげたいと思うから…」

 

 

 

ヒザ神「・・・・・・。」

 

 

 

なんだかちょっと泣きそうになった。

 

 

 

ヒザ子「え!なんで泣いてるん!?」

 

 

 

ヒザ神「泣いてないわ!…でもありがとう。嬉しかった…」

 

 

 

そしてここでいつものルーティーンをする。

 

 

 

頭なでなで→ほっぺたを軽くつねる→おっぱい触る。

 

 

 

ヒザ子「コラ♡」

 

 

 

 

と嬉しそうに言うヒザ子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、ヒザ子を絶対抱くぞ!!!(//∇//)

 

 

 

また勃起するヒザチン。

 

 

 

 

ヒザ神「始発まで野宿するわ〜」

 

 

 

ヒザ子「あかんよ!風邪ひくやん。」

 

 

 

ヒザ神「いろんな人に迷惑かけたもん。野宿して反省する!」

 

 

 

ヒザ子「寒いから、風邪ひくて!」

 

 

 

ヒザ神「じゃあ、家入ってもいい?」

 

 

 

ヒザ子「家はあかん。汚いから…」

 

 

 

 

 

…はい、きた!

 

 

 

 

 家が汚いグダ!!!

 

 

 

前のアポの時も、ヨネスケ打診したらこのグダが出た。結果は負けました…

 

 

 

 

でも、今回は負けへん!!

 

 

 

 

 

ヒザ子「ネカフェあるで!」

 

 

 

ヒザ神「お金ない…」

 

 

 

ヒザ子「ごめん…そやったね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ヒザ子の家に着く。

 

 

 

 

 

 

ヒザ子「ネカフェ代、私が出…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170217230503j:plain

 

ヒザ神「ヤバい!!!漏れそう…トイレだけ貸して!!」

 

 

 

 

 

 

ヒザ子「え!?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170217230503j:plain 

 

ヒザ神「ヤバい!ヤバい!トイレだけほんまに貸して!!お願い!」

 

 

 

 

 

ヒザ子「ほんまにトイレだけやからね!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

ヒザ子の家イン!!

 

 

 

 

 

 

トイレを済ます…

 

 

 

ヒザ神「全然汚くないやん!」

 

 

 

ヒザ子「え、汚いよ〜」

 

 

 

 すぐにベットに飛び込むヒザ神。

 

 

 

ヒザ子「トイレだけって言ったやん〜」

 

 

 

ヒザ神「一緒に添い寝しよ?」

 

 

 

ヒザ子「え〜」

 

 

 

そう言いながら、一緒に添い寝してくれる優しいヒザ子。

 

 

 

ヒザ神「ヒザ子に出会えて良かった…」

 

 

 

ヒザ子「私もヒザ神くんに出会えて良かったよ。」

 

 

 

ヒザ神「ほんまに?あんだけ迷惑かけたのに?」

 

 

 

ヒザ子「関係ないよ!一緒にいて楽しかったもん。」

 

 

 

たまらなくなって、抱きしめた。

 

 

 

キス→DK→パイ揉み…

 

 

 

ヒザ子「ダメ♡」

 

 

 

形式グダだとすぐにわかった。時間をかけてキスをしながら服を脱がす。

 

 

 

そして、パンツも脱がし全裸にして手◯ンする。

 

 

 

ヒザ子「あ…ああん♡あんあん…♡」

 

 

 

声を出すヒザ子、興奮しながらヒザ神も全裸になる。

 

 

 

ヒザ神「挿れるよ…アレ?」

 

 

 

 

それは突然のことだった…

 

 

 

 

 

 

おい、嘘だろ…ヒザチン…

 

 

 

 

 

 

ヒザチンがフニャフニャになってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでだよ… 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170217233322j:plain

 

なんで現場でチ◯ポ が勃たないんだ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…くそ!!外ではあんだけ勃っていたのに…これじゃ挿入できない。

 

 

 

 

 

 

仕方がない

 

 

 

 

 

 

 

 このルーティーンを使うしかあるまい。

 

 

 

 

 

 

ヒザ神「手貸して。」

 

 

 

 

 

 

 

ヒザ子「?」

 

 

 

 

 

 

 

ヒザ子の手をヒザ神の乳首に持っていく…

 

 

 

 

 

 

 

ヒザ神「乳首弄って♡」

 

 

 

 

 

 

 

いくぜ!乳首弄り合いルーティーン!!

 

 

 

 

 

 

 

コリコリコリコリコリコリコリコリ!!!!!!!

 

 

 

 

 

お互いの乳首を高速でコリコリしあう。

 

 

 

 

 

ヒザ神「うりゃあああああああああああああああ!!!!あああん♡」

 

 

 

 ヒザ子「あああん!!あああああああん♡きもちいいいいいい♡」

 

 

 

 

ヒザチン復活!!そのまま挿入!!!!

 

 

 

 

ヒザ神「うおりゃあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

 

 

 

 

ヒザ子「ひゃあああああああああああああああああん♡!!!!!!!!もっと奥まで挿れてえええええええええええええ♡♡!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨネスケ即!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時、ヒザ神は思った…麒麟の時に最後に声をかけて本当に良かった。

まさか今日即れるとは思ってなかった。

 

 

 

 

終電で帰らなくて良かった。

 

 

 

 

ナンパしてもっといろんな人と出会いたい…そう思いながら、ヒザ子の家から仕事に向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして仕事後…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ風邪引いた!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、高熱で死にかける…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終電で帰れば良かった…( ;´Д`)

 

 

 

 

 

 

麒麟で出会った案件

 

〜完〜

 

 

麒麟で出会った案件 〜前編〜

 

 

f:id:hizashin:20170215001313j:plain

 

 

 

3ヶ月前… 

 

 

 

 

ヒザ神はソロでクラナンをしていた。

 

 

 

 

ブス子「お兄さん、お酒飲みたい〜奢って〜」

 

 

>>>ブス子 アラサー 顔でかい ブス ヒザ値2

 

 

 

ヒザ神(´-`).。oO(うわ〜キモ!)今、お金ないねん。他の男におごってもらい〜」

 

 

ブス子「え〜わかった。」

 

 

放流。

 

 

 

ヒザ神は「お酒奢って」という案件は…

 

 

f:id:hizashin:20170213204037j:plain

 

 絶対に奢ってやんない。( *`ω´)   特にブスは奢る価値はない。

 

 

大好物のレッドブルカシスを飲み、声かけを続ける…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・あれ?ガンシカ多くね?σ(^_^;)

 

 

 

 メンタルがヤバくなってきたのでひとまずダンスフロアで…

 

 

 

 

 

 

野生と・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170213204032j:plain

 

 

 踊る踊る踊る〜♪    

 

 

 

 

 

 

 

クラブで踊るのは本当に好きだ。

 

踊りすぎてナンパのことを忘れてしまう時がある。

 

踊り疲れたのでダンスフロアから離れたところで休憩する。

 

 

 

終電が迫る。次の日仕事なので、この日は終電まで声かけをすることにしていた。

 

(´-`).。oO(次、声かけて無理やったら帰ろ。)

 

すると偶然目の前にソロ案件がいたので声をかける。

 

 

ヒザ神「一人で来たん ?」

 

 

ヒザ子「違う。そこで踊ってる友達と来たよ。」

 

 

>>>ヒザ子 20代前半 普通 笑顔が可愛い ヒザ値4

 

 

 ヒザ子が指差している方を見ると友達が爆踊りしているww

  

 

>>>友達子 20代後半 アゴが少し出てる パリピ ヒザ値3

 

 

ヒザ神「友達と一緒に踊らんの?」

 

 

ヒザ子「私はいいよ」

 

 

どうやらヒザ子は友達子に誘われてクラブに来たらしい。

 

 

ヒザ神「終電で帰るん?」

 

 

ヒザ子「終電関係ないよ。ここから家近いねん、自転車で来た。」

 

 

ヒザ神「ヘぇ〜いいな。一人暮らし?」

 

 

ヒザ子「うん!」

 

 

 

 

 ・・・。

 

 

 

 

 

・・・。 

 

 

 

 

 

 

・・・おや?(;゜0゜) 

 

 

 

 

 

これ、いけるんじゃね?

 

 

ヒザ神の頭の中で「終電で帰る」がかき消されていく。

 

 

そして、ヨネスケが頭の中で浮かび上がる。

 

 

ヒザ子はこの後、友達子と解散して帰るつもりらしい。

 

  

その後も和む。食いつきもいい。めっちゃ笑うし、これまた笑顔が可愛い。

 

 

これはチャンスだ!!ψ(`∇´)ψ

 

 

とりあえずLG。

 

 

会話はかなり盛り上がった。連れ出し打診してみた。

 

 

ヒザ神「ヒザ子ともっと話したいから、二人で今からどっか飲みに行かへん?」

 

 

ヒザ子「いいよ!でも、友達子と一緒に荷物ロッカーに入れてるねん」

 

 

しまった。肝心なことを忘れていた。クラナンで起こりうるロッカーグダだ。

 

 

ロッカーの鍵は友達子が持っている。だが友達子は閉店まで踊るらしい。

 

 

面倒臭いと思いながら閉店までヒザ子と和む。

 

 

深夜1時閉店。

 

 

友達子と3人でロッカーに向かう。

 

 

するとロッカーに向かう途中になぜか友達子がブス子と野生2人が和んでいるところに入る。だるいから、友達子に話す。

 

 

 

ヒザ神「とりあえず、ロッカー…」

 

 

 

 

ブス子「6人で飲みに行かへん?」

 

 

 

 

ヒザ神「え!!?((((;゚Д゚)))))))」

 

 

 

 

 

おいおいww 

 

 

 

なんなんだこのブスは…

 

 

一人でクラブにきたブス子はめっちゃ行く気満々。そして友達子と野生2人も行くみたいな感じになってる。

 

 

そして…ヒザ子が耳元で喋りかけてくる。

 

 

ヒザ子「今日はみんなで飲も!また違う日に2人で飲みに行こう(o^^o)」

 

 

ヒザ神「う、うん…(~_~;)」

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・くそ!ブス子め!!!(*`へ´*)

 

 

 

 

 

 

 

仕方なく6人で居酒屋in

 

 

ヒザ子と仲良く和んでいるところを無理やり入ってくるブス子。

殺意を覚える。( *`ω´)

 

 

なんやかんや話して、 途中で友達子帰る。

 

 

会計する時、財布の中を開けると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hizashin:20170214015604j:plain

 

ない!!1万5千円入ってたはずなのに…

 

 

お金がなくなっている。めちゃくちゃ焦った。

  

 

居酒屋に行く前の箱を出る時に財布がないことに気づいて従業員に聞いたら

 

 

財布を預かっていて良かったと思ったのに…

 

 

見事にお金だけ盗まれていた。

 

 

当然あったばかりの人にみんなお金貸す気はない。

 

 

野生「今日会ったばっかりやのに貸すのはちょっと…」

 

 

みんなに申し訳ないと思いながら、人の冷たさを感じた。

 

 

 

 

いったい、どうすればいい…

 

 

 

 

すると、ヒザ子が…

 

 

ヒザ子「ヒザ神くんの分出すわ!ATMでお金おろしてくる!」

 

 

と言いながら、コンビニに行くヒザ子。

 

 

ヒザ神も着いていくことに。

 

 

ヒザ神「ごめんな。ほんまにありがとう。」

 

 

ヒザ子「いいよ!そんなに落ち込まないで…」

 

 

ヒザ子のおかげで本当に助かった。

 

 

この時、ヒザ子のことを少し好きになっていたのかもしれない。

 

 

ヒザ神「ごめん…ほんまごめん…」

 

 

って言いながら、居酒屋に戻る途中…

 

 

なぜかヒザ子のおっぱいを揉むクズ神。

 

 

結構泥酔していた。なんでこのタイミングでギラついたんかは自分でもわからない。

 

 

ヒザ子「ちょっ、ダメやって…」

 

 

しかし、拒否らないヒザ子。この時ヒザ神は謝りながら勃起していた。

 

 

 

 

後編に続く。

 

はじめまして✨

 

  はじめまして、ヒザ神と申します✨

 

多くのナンパブログを読んで、自分もブログを

 

してみたいなと思って、ブログを始めました。

  

f:id:hizashin:20170211224145j:plain

 

 【プロフィール】 

 

名前:ヒザ神

 

年齢:20代前半

 

好きなタイプ:清楚で小さくて可愛い子

 

ナンパスタイル:クラブナンパ

 

 活動場所:大阪